ネットビジネスは集客がすべてです

ネットビジネスはお客さんをいかに呼び込めるかにかかっています。つまりは集客力があるかないかが運命の分かれ道であるということになるのですが、ほぼこれがすべてといっても過言ではありません。もちろん、集客力があっても閲覧者に訴えかけることが可能なキャッチコピー力やセールストークのようなものが必要になることは確かですが、そのようなものはまず集客できているかどいうかをクリアしてから話すべきであって、お客さんも満足に自分のページに呼び込めていない現実は無視していいわけではありません。

優先順位的にはつまり、集客力がキャッチコピーやセールストークを上回って上位に位置するということです。キャッチコピーやセールストークというものは二の次ということなんです。そこを履き違えていて、やれキャッチコピーのこの部分の訴え方がイマイチだとか、ポジショントークとセールストークの違いがうんぬんとかピントがズレたことを言ってしまっている人たちがいるのは、見ていて少し滑稽ですらあります。

まずは、お客さんをしっかりと集客できる仕組みを作り上げる。もちろん、取り組むための作業コストや運用コストを考えた意味でバランスの良いものを見つけることが大切です。続けられなければ意味がないですからね。一時的に無理をして大量に人を集めたとしても短期的に金を稼いで終わりでは無残です。ランニングコストという言葉があるように、しっかりとバランスの取れた仕組みをつくり上げることを優先していきましょう。

お客さんが集まってからどうすればいいのか?という疑問が湧いたかもしれませんが、そんなことはざっくりと考えておけばいいのです。まずは集めることです。集めていないあいだに集中力を分散しているからいつまで経っても人を集めることができないのです。ネットビジネスは集客がすべて。これが少しでもお伝えできたなら幸いです。もし、この話にピンときたという人はネットビジネスの才能が有るかもしれません。

SNSでもご購読できます。