速効性のせどりか遅効性のアフィリエイトか

ネット副業はさまざまな選択肢がありますが、その中でもとりわけ目立っているのが、せどりとアフィリエイトでしょう。どちらも極めれば月収7桁を達成することも可能なので、人気が非常に高いネット副業だといえるのです。果たしてどちらを選択するのが正しい道なのでしょうか。

それは人によるとしかいいようがありません。特徴としてはせどりは速効性というか即金性があります。すぐに結果を求めるのならばせどりが向いているのかもしれません。しかしながら、せどりは在庫のリスクがあるため、そういった意味では難易度が高いかもしれません。

反対にアフィリエイトにはリスクは殆ど無いといえるでしょう。しかし、せどりとは逆に波に乗るまでは3ヶ月から半年くらいは必要なことが多いです。これはGoogleにサイトやブログを認識してもらって、さらに一定の評価を得られるまでには時間がかかるからです。どうしてもせどりに比べると報酬が発生するまでに時間がかかるのがアフィリエイトのデメリットだといえるでしょう。

以上のようにせどりと、アフィリエイトともにメリットとデメリットが存在していることを確認した上で挑戦されるのがよろしいかと存じ上げます。コツとしてはひとつに絞らないでどちらも挑戦して肌感覚で合うか合わないか確認されることです。実際にネット副業として絞りきらずに、せどりもアフィリエイトもポイントサイトもクラウドソーシングもよりどりみどりのように取り扱っている副業人も少なくありません。

さまざまな種類の副業を展開するということは、それだけ各種の失敗によるダメージが薄まるということも指しているので、多芸であればあるほど収入の面では安定するはずだと感じていただいて結構にございます。客観的に書き綴ってきましたが、最後の方は少し感情が入って主観的になってしまいました。ただ、事実だけを述べた文章というのは得てして魅力が薄いものなのでこれもありかなと考えています。

SNSでもご購読できます。