在宅ワークで朝の通勤から開放されたい!!

朝が弱い私が嫌いなことは朝の出勤です。

出勤するのが好きな人ってあまりいないと思うので大体の人はどちらかといえば嫌いな方かもしれませんけど、私が朝の出勤が嫌いなのには理由があります。特に低血圧でもないので起きられないわけじゃなくて寝起きが悪いっていうのか機嫌が悪いというか頭が回らないとかそんな感じなんです。普通の状態になるまで2、3時間ぐらいはかかるので相当早起きしないと普通の状態で出勤できないと思います。

夜だってしなきゃいけないことが結構沢山あるので早く寝ることも出来ないし、寝る時間を減らしてまで早起きするのも馬鹿馬鹿しい感じだし、第一そんなのは身体にも良くないはずです。なので起きるのは出勤する1時間前にしています。

これでも努力しているつもりなんですけどそれでも気分が晴れるには程遠くて毎朝ムスッとした顔で電車に揺られている私の頭の中は漠然としたイライラ感が靄のように広がっているだけで殆ど何も考えていません。言葉にするとすれば一言「メンドクサイ…」といった感じです。そんなの誰が見ても「変な女」と思うに違いありません。痴漢されたことがないのはそれが理由だったりして。

それはともかくとして、だから出勤しなくていいお休みの日は前の晩からすごく気分が楽です。別に会社もお仕事も嫌いじゃないので出勤時間さえもっと遅く出来たら何も問題はないんですが、とてもそんな身分じゃないですからね。

これからもずっと朝の通勤とは縁が切れないかと思うと朝の機嫌がもっと悪くなってしまいそうですが、でも僅かですが希望はあります。今少しずつ増えているという在宅ワークがそれです。テレワークなんてカッコいい言い方もあるみたいですが、在宅ワークは新しい労働スタイルとしてアメリカでは既にかなり導入が進んでいるそうです。

日本じゃまだまだですけど世界的な流行になったら何れ日本もその流れに乗るんじゃないかと少し期待しているんです。私の場合、一人で仕事したいわけじゃなくてただ朝の通勤から解放されたいだけなので在宅ワークの趣旨からは外れるかもしれませんが、でもやっぱり魅力的に思えます。在宅勤務と言っても全く出社しなくていいのかというとそうではないみたいですが、午前中は自宅で働いて、午後は出社してオフィスで仕事でも私は全然構いません。

いろんなことで多様化とか柔軟性が求められるようになってきていますから働き方もこれから変わってくるはずです。在宅ワークが当たり前の社会に早くなればいいなと勝手に期待しています。

SNSでもご購読できます。